アクション                                このページの見方

タイプ1                                  タイプ2

映画のタイトル

映画のタイトル

映画の画像 監督
主な出演
映画の画像
おおまかな内容
この映画の見所
感想
監督
主な出演
映画の評価(五段階)
映画の評価(五段階) おおまかな内容 この映画の見所
感想

この印がついている映画は、CGや特撮を駆使した爆発や、戦車や戦闘機を使った
打ち合いなどがある派手なアクション映画。いわゆるドンパチ物です。

この印がついている映画は、西部劇のような感じで派手なアクションはないが
ストーリーや人物、世界観などで私たちを楽しませる映画です。


アルマゲドン

監督 マイケル・ベイ
出演者 ブルース・ウィルス、ベン・アフレック
ニューヨークは突然降り注いだ無数の隕石によって、瞬時に壊滅状態になる。NASAは総指揮官トルーマン(ビリー・ボブ・ソーントン)のもと、事態を分析。 巨大アステロイド“グローバル・キラー”が、地球に接近している事が判明した。残された時間は、わずか18日・・・。
NASAに連れてこられた掘削のプロ、ハリー・スタンパー(ブルース・ウィリス)は衝突を回避するには、小惑星の地中深くで核爆弾を爆発させるしかないことを知らされる。
ハリー・スタンバーは仲間とともに巨大隕石の衝突を回避するために宇宙へと飛び立つのである・・・・・。
隕石が衝突したときに衝撃波で町が破壊される映像はすごい!
話は長いが、分かりやすいストーリーである!
エアロ・スミスが歌っている、この映画の主題歌がかっこいい!

u





アンタッチャブル

監督 ブライアント・デ・パルマ
出演者 ケビン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、ロバート・デ・ニーロ
禁酒法取締りの助っ人として、財務省から派遣されたネス(ケビン・コスナー)。初の仕事で大失敗し、落ち込んでいる時に、パトロール中の警官’ローマン(ショーン・コネリー)と出会う。ネスは彼と手を組んで、暗黒街のボスであるアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)を挙げる決意をする・・・。
何といってもメンバーが豪華、最近の映画ではオーシャンズ11レベル。
皆真似したくなるくらいカッコイイ〜!





インデペンデンスデイ

監督ローランド・エメリッヒ
ウィル・スミス、ビル・プルマン
k
突然、地球に都市が丸ごと収まるぐらいの大きな円盤が降ってきた。このせいで地球は大騒ぎ。アメリカ政府は何とかこの円盤との交信を試みるが、その努力も無駄に終わり、逆に向こうから手痛い攻撃を食らうことになる。これによりアメリカを中心とした地球軍とエイリアンとの宇宙戦争が始まる・・・。 見所は特撮とCGを使ったド派手な映像
炎が迫ってくる映像は必見!
ストーリーもこれまた分かりやすくすんなり入り込める!
ウィル・スミスがかっこいい!






es[エス]

監督オリバー・ヒルツェビゲル
出演者モーりッツ・プライプトライ、クリスティアン・ベッケル、オリバー・ストコフスキー
元記者で現在タクシー運転手をしているタレク(モーリッツ・プライプトライ)は、大学の心理学部が出した小さな新聞広告を見ていた。その内容とは、ある実験に参加すると1000ドル貰えるという内容だった。タレクはこの実験に参加してその体験をレポートに書き、記者として復活しようと考えていた。面接も無事パスして、いよいよ実験が始まった。実験の内容は、男性20人を看守役と囚人役に分け、2週間仮の牢屋の中で過ごすことである。だがこの実験が徐々にエスカレートしていき、いずれ事件にまで発展することになるだが・・・。
人は緊迫した異常な環境下に置かれると、こうも変わるのかと思う。
全体的に暗い作品。
人の心理をついた、うまい作品である。





エネミーオブアメリカ

監督 トニー・スコット
出演者 ウィル・スミス、ジン・ハックマン
クリスマスのプレゼントを買いに下着屋に入ったディーン(ウィル・スミス)。そこで偶然、何者かに追われている大学の友人ザビッツと再会する。ザビッツはディーンに、ある事件の証拠を収めたテープを密かに渡す。そのことに気づかなかったディーンだが、テープを譲り受けたその日から何者かに追われる羽目になリ、次々と自分の周りにおかしな事件が起こる。ディーンはそれを解決するため、元恋人の知り合いの情報屋に助けを求めるのだが・・・・。 常に、誰かに見られてるというところがとても緊迫感があって面白い。
ウィル・スミスとジン・ハックマンがかっこいい。

u





L・Aコンフェデンシャル

監督 カーティス・ハンソン
出演者 ラッセル・クロウ、ケビン・スペイシー
クリスマス・イブに署内で暴動が起きた。この事件でバド(ラッセル・クロウ)とステンズランドは職を失うという処罰を受けた。さらに、バドの相棒であるステンズランドは運悪く「ナイト・アウル」という店で強盗に巻き込まれ何者かに殺された。この事件の副指揮官であるエド・エクスリー(ガイ・ピアーズ)警部補は懸命な捜査を行い、見事「ナイト・アウル事件」を解決させた。がこの事件には裏があると読んだバド巡査は独自に調査をし始め、手柄を立てたエド警部補も、事件の解決に疑いを持ち始める。また、別の事件を追っていたジャック・ヴィンセンズ(ケビン・スペイシー)刑事も、この事件に巻き込まれることになる・・・・。 なんといっても渋い〜映画。
ストーリーが良く、犯人も意外な人物で、最後の方まで謎に包まれている。
u





グラディエーター

監督リドリー・スコット
ラッセル・クロウ
西暦180年、大ローマ帝国
皇帝に全幅の信頼をおかれたラッセル・クロウ演じるアエリウス・マキシマス将軍!皇帝は将軍に、自ら皇帝の地位を託す思いを告げた。だが皇帝の息子コモドゥスは、その決断に納得いかず、最愛の父を殺した!コモドゥスは、自分にとって最も不必要な人物、アエリウス・マキシマス将軍の抹殺計画をした!
古代ローマの世界観が伝わってくる演出はすごい。
ストーリーはやや複雑かもしれないが、しっかり練り込まれていて、主人公の生き方がかっこいい





交渉人

監督 F・ゲイリー・グレイ
出演者サミュエル・L・ジャクソン、ケビン・スペイシー、ジョン・スペンサー
相棒が、ある事件の秘密に気づいてしまい何者かに暗殺れる。シカゴNo1の人質交渉人であるローマン(サミュエル・L・ジャクソン)は、同僚殺しの罪をきせられ犯人にされる。自分の無実を晴らすため、極秘事件の主犯格である男とその部下を人質に取り、ビルを占拠した。ローマンは自分の交渉相手にセイビアン(ケビン・スペイシー)という西地区No1の交渉人を選んだ。これよりローマンとセイビアンの命を懸けた交渉が始まろうとしている・・・・。
この映画の見所は、お互い裏の裏を読んで、ハッタリかどうかを見破る。NO1交渉人同士の頭脳戦、話の駆け引きが面白い。





コン・エアー

監督サイモン・ウェスト
出演者二コラス・ケイジ、ジョン・キューザック
ジョン・マルコビッチ
多くの勲章に輝いた兵士であった男は、身重の妻を守ろうとして、酔っぱらいをはずみで殺してしまった。8年間の刑務所暮しを経て、模範囚として仮釈放で家族の元へ向かうべく凶悪犯罪者を護送する専用機“コンエアー”に乗り込んだ。しかし二コラス・ケイジ演じるキャメロン・ボーの乗ったコン・エアーは護送中、囚人たちにハイジャックされた。彼は囚人たちの計画を阻止しようと立ち向かったのである・・・・。
この映画の見所は、これぞまさにアクション映画というようなストーリーと、派手なアクション、息もつかせぬような展開の速さ!
見ていて気持ちいい!!(疲れる)





ザ・ロック

監督マイケル・ベイ
出演者二コラス・ケイジ、ショーン・コネリー
侵入も脱出も不可能な刑務所、鍵を掛けるという意味から「ザ・ロック」と呼ばれている。その「ザ・ロック」のあるアルカトラズ島を、海兵隊のハメル准将(エド・ハリス)を中心としたテロリスト集団が占拠。観光客を人質に、兵器庫から奪った最新兵器の毒ガスを装備し、政府に1億ドルの要求を突きつけた。タイムリミットは40時間。タイムリミットを過ぎると毒ガスを町に発射すると言う。厳戒態勢の下、極秘指令でこの鉄壁の要塞に挑むのはFBIの化学兵器専門家、グッドスピード(ニコラス・ケイジ)と、知られざる史上唯一のアルカトラズ脱出者メイソン(ショーン・コネリー)。500万人の命は今、2人の男に託された!! 面白いの一言
ショーン・コネリーがカッコいい、そして渋い。いい仕事してますね〜!ストーリーもよく、タイムリミットがあるせいか常に緊張しっぱなし!!




ジュラシックパーク

監督スティーブン・スピルバーグ
鉱山で発掘された古代のコハクの蚊から恐竜のDNAを抽出し、バイオテクノロジーを駆使して恐竜を再生する研究が成功した。コスタリカ沖の小島では、"ジュラシックパーク"と呼ばれる恐竜のテーマパークの建設が進められており、甦った恐竜達が歩き回る史上最大のテーマパークとなるはずであった。 事前調査員として派遣された地質学者のグラント博士と、古生物学者のサトラー博士は、パーク内を調査して回るが、コンピューターのトラブルによって、それまで完全に制御されていたはずの恐竜が突如として暴れ出し、人間達に襲いかかるのだった。園内で離ればなれになってしまった一行は、次々襲い来る恐竜から逃れつつも、パークのコンピューターシステムの回復を試みるのだが…
10年前の映画とは思えない完成度。
CGを使った映画の原点ともいえる作品。
まるで生きているかのような恐竜の動きと手に汗握るストーリー展開が面白い。




スナッチ

監督ガイ・リッチー
出演者 ベニチオ・デル・トロ、デニス・ファリーナ、ブラッド・ピット
この映画は二つの物語が、途中まで別々に進んで行き、後半に交わるという流れのストーリーです。
一つ目の物語は、盗まれた(盗んだ)84カラットのダイヤをめぐって、イタチゴッコをする物語。
二つ目の物語は、裏ボクシング(八百長ボクシング)界で生きている男達の、波乱万丈物語。
この映画を見るときは、日本語吹き替え版では見ない。それと最低二回は見たほうがいいだろう。(物語が複雑で一回見ただけでは理解できない)
CGや特撮を使った映像や派手な音楽はないが、二つの物語が絶妙に絡みあうストーリ展開がすごい。




スピード

監督ヤン・デ・ボン
出演者キヌア・リーブス、サンドラ・ブロック
連続爆弾テロの主犯格から「通勤バスに爆弾を仕掛けた」と言う連絡が入った。この爆弾はある一定以上の速度になると起爆装置が起動し、80マイル(キロ?)以下になると爆発する仕組みになっている!さらにバスから一人でも乗客を降ろしたら爆発させると言う。キヌア・リーブス演じる主人公は一人バスに乗り込んで乗客を助けようとするのだが・・・・。
この映画ほどノンストップアクションという言葉が当てはまる映画はないだろう。
単純だがとてもよく出来ているストーリーにずっと見入ってしまい、時間を忘れてしまう。
気を抜くことが出来ないので見終わった後は疲れる。




ダイハード

監督ジョン・マクティアナン
出演者ブルース・ウィルス、ボニー・ベデリア
アナン・リックマン
クリスマスの夜。テロリスト集団は、ビルの中にある金庫の金を奪うため日系商社所有のロスの超高層ビルを占拠した!彼らは周りから作業の邪魔をされないように、ビルの中にいた人々を人質にとった。 そこに偶然居合わせた非番のN.Y.市警刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィルス)が、たった一人でビルに乗り込んだ・・・。
この映画がアクション映画の原点とも言える作品です!ストーリーは分かりやすいが、奥が深い!
映像、演出、ストーリーどれをとっても一級品!
何といってもブルース・ウィルスの「何で俺がこんなこと」といったいやいやながら敵に立ち向かうヒーロー像がなんともニクイ!




ターミネータ

出演者アーノルド・シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトン、カイル、リース
サラ・コナーという女性を抹殺するために、2029年の未来から殺戮マシーン”ターミネーター”が送り込まれた。送り込んだのは人間ではなく、その未来世界を支配していたスカイネットというミリタリー・コンピュータ。一方サラ・コナーを守るため、未来のからカイル・リースという男が送り込まれた。彼を送ったのはジョン・コナーという圧倒的な指導力でレジスタンスを率いてスカイネットと唯一戦っている男だった。そして彼はサラの息子だった。スカイネットは今ではジョンコナーを消すことは不可能だと考え、過去に戻ってサラを抹殺することによってジョンの存在を消そうとした。過去に送られた使者達は、自分の目的のためサラに接近したのであった・・・・・。
シュワちゃんが一躍有名になった映画
逃げても逃げても追ってくる、撃っても死なない。こちらは普通の人間。明らかに不利だが、その設定がこのストーリーの絶妙なところ。




ターミネータ2

出演者アーノルド・シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング
1とあまり変わらないので省略。
違っているのは1から10年が経過しているのと、ジョン・コナーが生まれたということと、送られてくるターミネータが変わったことぐらい。
1と同様面白い。
今度のシュワちゃんは味方になっているところが心強い。この映画の見所は、液体金属のターミネータ”T-1000”の動きが、いろいろ変形したり通り抜けたりする映像がすごい。




バック・トゥ・ザ。フューチャー3

監督ロバート・ゼメキス
出演者マイケル・J・フォックス、クルストファー・ロイド
☆「タイム・アフター・タイム」へのオマージュ?
事故のため19世紀末に飛ばされてしまったドク。タイムマシンが故障して現代には戻れないというドクからの手紙を1955年に受け取ったマーティは、1955年に存在するドクを訪ねて、タイムマシーンのことを話す。その話を聞いたドクはタイムマシーンを完成させた。マーティはそのタイムマシーンを使って1885年のドクを救うため、過去に行くのだが...。
デロリアンかっこいい!!!
タイムトラベルものの王道といった感じ。
夢がある、そして見ていて楽しい。
見所は最後のほうの高速で走っている蒸気機関車上でのアクション。




パルプ・フィクション

監督クエンティン・タランティーノ
出演者ジョン・トラボルタ、ブルース・ウィルス
サミュエル・L・ジャクソン、ハーヴェイ・カイテル
この映画は4つのストーリーでなりたっている。
1 若い二人のカップルがファミレスを強盗するストーリー
2 マーセルスの部下であるビンセントとジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)が奪われたお宝を取り戻すストーリー。
3 ビンセント(ジョン・トラボルタ)とボスの妻であるミア(ユマ・サーマン)とデートをするストーリー
4 ブッチ(ブルース・ウィルス)の大事な金時計と、ブッチが八百長試合を引き受けるストーリー。
この4つの物語がうまくリンクしている。
まずこの映画は、2回目3回目のほうが面白みが出てくる。1回目つまらなくても、もう1度見てみよう。この映画の本当の面白さが分かるかも・・・。




バックドラフト

監督ロン・ハワード
出演者カート・ラッセル、ウィリアム・ボールドウィン
スコット・グレイン、ロバート・デ・ニーロ
尊敬していた父が事故で死に、その父の後を告ぐように消防士になった兄(カート・ラッセル)。そして同じように弟も消防士の道に進む。同じ消防署に勤める二人はお互い反発しあが、未熟な弟は失敗続きで自信を失う。そんなある日、連続放火事件が立て続けに起こる。
この放火犯の手口が、「バックドラフト」と呼ばれる炎の性質を利用した手口であり、犯人は炎について専門的知識を持っている人物であるという。果たして兄弟は犯人を捕まえることが出来るのか・・・!?
この映画の見所は、炎の動きがまるで生き物のように描かれている所。
ラストシーンはとても感動します。
この映画に登場する人物達もかっこいい。




フェイス・オフ

監督ジョン・ウー
出演者二コラス・ケイジ、ジョン・トラボルタ
FBI捜査官であるショーン・アーチャー(ジョン・トラボルタ)は幼い息子をテロリスト”キャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)”に殺され、アーチャーはトロイを捕まえる事だけを目標にして生きてきた。長年追いかけた末、ついにトロイを捕まえる事ができた。しかしトロイは逮捕直前にどこかに爆弾をしかけていた。その場所を知るのはトロイの他、刑務所に服役中のトロイの弟のみ。アーチャーはトロイの弟から、爆弾の場所を聞き出すために、昏睡状態のトロイの顔を、自分の顔に移植し刑務所に入り込んだ。しかし、その後トロイが昏睡状態から目を覚まし、この秘密を知ったトロイはアーチャーの顔を自分に移植した。これより二人の壮絶なバトルが繰り広げられる・・・・。 見所は、顔が変わっていることを自分達しか知らないという設定でストーリーが進んで行き、周りをあざむきながら戦うという、相手の深層心理ついた見事なストーリーに脱帽。




M:I

監督ジョン・ウー
出演者トム・クルーズ、ジャン・レノ




レオン

監督リュック・ベッソン
ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン
ナタリー・ポートマン演じるマチルダが買い物に出かけている間に、家族が汚職警官に殺される。マチルダは町一番の殺し屋”レオン”に助けてもらい、復習のためにレオン(ジャン・レノ)の下で殺しの技術を身に付けていく。そして一緒に暮らしていくうちに、お互いに心を開いていく。 派手さはないが、何故か見せられてしまう。この殺し屋というダークな世界観が映画全体にうまく表現されている。
ジャン・レノはやっぱりかっこいい。




レザボア・ドックス

監督 クエンティン・タランティーノ
出演者 ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マセン、クリストファー・ベン
ある店のダイヤを盗むため、臨時に結成された盗みのプロ集団。いざ宝石店に盗みに入ると、そこには警察がすでに待ち構えていた。間一髪で逃げ帰った奴の1人が、仲間の中に警察の犬がいると言い出す。その言葉が原因で皆が皆、周りを疑いだし、チームはバラバラになっていくのだが・・・・。
この映画も1回目より2回目、3回目のほうが面白みが出てくる。
出てくる人物一人一人に物語(過去)があり、個性がある。それをストーリーの合間合間にうまく挿入しているところがすごい。
女の人にはあまり好まれない映画かも。



映画のほうは随時追加中

BACK|TOP|NEXT